まさの徒然日記

好きな事なんでも。ユルユルとやっております。

[Run]2019.9.9(月) ロード

今日は人間ドックのため有休を取った。昨晩の暴風雨で、今朝は大丈夫かな?と心配していたが、朝には台風一過で晴れ間も出てきていた。それにしても暑かった。予報では35℃まで上がると言っていたが、湿度がメチャメチャ高かったので、体感的にはもっと気温が上がった様に感じた。

とは言え、ドック終了後はバリウムが出るまで家の中で大人しくしていたので、外の暑さは分からなかったけどな。全部出切るまで結構時間かかって、ランニングに出かけたのは16:30頃から。強烈な西日で気温も全然下がらず、おまけに風も吹いていなかったので物凄く暑かった。

f:id:masaji0101:20190909182119j:image

 

土曜日のランから右アキレス腱に張りがあって、今日は筋肉痛になっていた。いつも痛む左足は、今日は全然問題なく、序盤は結構良いペースで走れていた。5キロ越えると右アキレス腱が痛くなってきたので、6キロ走ったところで終了にしておいた。3日走って1日休み、のサイクルで走るのが良いんじゃないかな。大体3日目は調子が良いのだ。平日、もっと走りたいのだが、映画を優先させてしまうので中々難しい。

f:id:masaji0101:20190909182522j:plain

 

今日の記録

距離 :6.00㎞
時間 :0:37:31

ペース:6:15(分/㎞)

シューズ:HOKA ONE ONE CLIFTON6
(総走行距離 131.21㎞)

[Run]2019.9.7(土)〜8(日) トレイル&ロード

週末のランニング記録まとめて。

昨日は快晴の真夏日。暑くて日中は走りたくなかったが、午後は用事があったので仕方なしに頑張って走った。木陰を走れるトレイルコースにした。

いつもの横山の道。暑い暑いと言ってももう9月、日向と日陰の気温差が全然違う。木陰に入ると風が涼しく、風を受けて走るのが気持ちいい。とは言え、気温はそれなりに高いので、止まった瞬間に汗が吹き出てくる。でも、この感覚が好きだ。

見返りの峠からの景色。何度来ても見飽きない、いい景色だ。

f:id:masaji0101:20190908175800j:image

9月の空もなかなか良い。

f:id:masaji0101:20190908175729j:image

今日のランは、前回からなんと11日振りだった。こんなに間を開けた事はほぼ無かったと思う。週末、旅行に行ったりしたからね。歩いてはいたが、やはりこれだけ間隔が空くと、10キロ走っただけでも結構シンドかった。脹脛や、腿が張ってきて、ラスト1キロはグダグダだった。短い距離でもいいので、1日だけでも走っておけば良かった。数日休んで足の痛みとか良くなるかと思ったが、そうでも無かったな。かえって、久し振りに走って筋肉痛になりそうだ。

f:id:masaji0101:20190908175742j:image

土曜日の記録

距離 :10.00㎞
時間 :1:20:11

ペース:8:01(分/㎞)

シューズ:HOKA ONE ONE CHALLENGER4
(総走行距離 393.90㎞)

 

本日は、台風が来ていて、午後から雨になる予報だったので、午前中に走った。昨晩の夜更かしが祟って、今朝は10時起き。かなり暑い時間帯になってしまったが、雲行きも怪しかったので、そそくさと走りに出かけた。

昨日のランの影響で、今朝は両脚ともに筋肉痛。走り出し、大丈夫かな?と思う程の調子の悪さで、今日は5キロくらいで止めておこうと思った。

f:id:masaji0101:20190908175807j:image

スタートして1キロほどの地点に運動応援がある。ここの鉄棒で、懸垂をやるのが定番だ。ストレッチしたりして体を解し、懸垂を逆手で5回やって本格的に走り始めた。ストレッチが効いたか、3キロ地点くらいから段々と調子が出てきて、結構良い感じで走れていた。

f:id:masaji0101:20190908175738j:image

今日も10キロはいけるかな、と思った矢先、いきなり激しい雨が降り始めた。シャワーランなんて言っていられない程の豪雨。数メートル走っただけでシューズがビショ濡れになってしまう。通りかかったマンションのエントランスで雨宿りする事、約15分ほど。ガッツリ休憩してしまったので、雨が止んだ後は再度走る気になれず、7キロほどでランニングを終了した。

f:id:masaji0101:20190908175734j:image

走り出しは左足首が痛かった。終盤は、右アキレス腱と腿の辺りに張りが。何処かしらに痛みを抱えたままランニングを続けているんだよなあ。でも、休んでも良くならないので、ケアしつつ、走りながら良くなるのを待つしかないのかと思う。ま、あまり無理はしない方が良いだろうから、距離とかペースに拘らず、体の調子と相談しながら走る量を決めていこう。フルマラソンなんて、当分無理だな。

f:id:masaji0101:20190908175752j:image

日曜日の記録

距離 :7.12㎞
時間 :0:51:56

ペース:7:18(分/㎞)

シューズ:HOKA ONE ONE CLIFTON6
(総走行距離 125.21㎞)

[映画]アス

2019年 劇場鑑賞87本目。
イオンシネマ シアタス調布で鑑賞してきた。

filmarks.com

今日は会社の飲み会だった。我が社は二次会禁止なので、8時にサクッと飲み会が終わった。この時間ならギリギリレイトショーに間に合うではないか!という事で、真っ先に店を出て、映画館へ向かったのだ。

しかし、良い時代になったなあ。金曜日の夜に会社の飲み会とかホント最悪。いっそ飲み会禁止にして欲しい。飲みニケーションとかアホかと思う。

・・・愚痴は程々にして本題に移ろう。

さて、『ゲット・アウト』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督最新作だ。話題作のはずなんだが、そういや予告編って観た事ないような気がする。全然予告編を観た記憶がなかったのだが、折角なので事前情報を一切仕入れずに観てみた。

あらすじ
アデレードは夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごす為、幼少期に住んでいた、カリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってくる・・・。
Filmarks.comから引用

 最初、何がどうなったのか、さっぱり分からなくて、ただただ迫る来る脅威が不気味だった。怖さよりも、気持ち悪い不気味さが勝ってた。

所々コメディ要素もあって笑えるシーンもある。ブチ切れたおねえちゃんの暴力性がエグい。ついさっきまでメソメソ泣いてたのに...。でも、一番強くて良かったぞ。

ラストも良かったかな。

分からない所もあったけど、まあ総じて面白かった。ジョーダン・ピール監督の次回作に期待が高まる。

 

作品情報
2019年製作
原題  :Us
上映日 :2019年09月06日
製作国 :アメリ
上映時間:116分
ジャンル:ホラースリラー

[映画]7月の物語

2019年86本目、下高井戸シネマで鑑賞してきました。

f:id:masaji0101:20190905221734j:plain

 

filmarks.com

ちょっと自分には面白さが分からなかった。

世間の評価が高かったので期待したのだが。感想書くのも難しいので、今回はこんな感じで終了〜。ま、こういう事もあるか。

 

作品情報

2017年製作
上映日 :2019年06月08日
製作国 :フランス
上映時間:71分
ジャンル:ドラマ

 

ギョーム・ブラック監督の短編ドキュメンタリー映画も併映されてた。

filmarks.com

ひとりで自転車でアルプス越えチャレンジする、おじいちゃんのドキュメンタリー。哲学的な語りがあったりで、こっちの方が面白かった。が、終盤に落ちてしまった・・・。短編なのに。

 

作品情報

2016年製作
上映日 :2019年06月08日
製作国 :フランス
上映時間:38分

 

 

オレ、感性が低いのかなぁ。

別に気にしないけどね。

[映画]ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

2019年85本目、イオンシネマ シアタス調布で鑑賞してきました。

filmarks.com

あらすじ
リック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テートマーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。 そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

Filmarksより引用

面白かったの一言!

上映時間は161分もあったのだが、全く長く感じなかった。1969年のハリウッドがどんな感じだったのか、景色やカルチャーを楽しめる作品でもあった。

背景を全く知らずに観てしまった事を後悔。シャロン・テート事件の事を知っていたら、更にドキドキしただろうし、ラスト13分の興奮は倍増していただろう。そうでなくても面白いって思ったもの。

あのラストは、タランティーノ監督の、そうなって欲しかったという、事件の犯人達への怒りが反映されていたのだろう。邪悪な者達への怒りの鉄拳は最高だった。相手が誰であろうと容赦しない。こんな爽快なラストは中々お目にかかれない。

 

ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオの二人がカッコ良過ぎだ。ブラピ演じるリックの相棒、犬のブランディがまた可愛い。可愛いけど、主人同様メチャ強くて最高だった。史実を押さえた上で、もう一度観たい良作だった。

 

作品情報

原題  :Once Upon a Time In Hollywood
上映日 :2019年08月30日
製作国 :アメリカ・イギリス
上映時間:159分

[Run]2019.8.27(火)トレイル&ロード

今日は有休。昨日休む予定が急遽出勤になって、今日だけ中途半端な夏休みだ。特にする事もないので、久し振りにトレイルコースをゆっくり走った。

 

気温が30℃切ると随分と涼しく感じる。とはいえ、まだまだ8月、湿度があるので汗だくだった。

f:id:masaji0101:20190827122303j:image

 

昨晩の雨で、トレイルは程よい湿り気。とても走り易かった。

f:id:masaji0101:20190827122319j:image
f:id:masaji0101:20190827122322j:image

 

最近、ランの時によく飲むエナジーコーラ。ランの途中で飲むのに丁度いい分量。元気が出そうで良いんじゃないか?

f:id:masaji0101:20190827122326j:image

 

右膝痛が中々治らないので、今日は痛みが出ない様にかなり遅めのペースで走った。脚へのダメージも少なく、10Kmほぼノンストップで走れたので、まあ満足。もうスピードを求めるのは止めて、キロ6分〜7分くらいのペースで、より長距離が走れる様になれれば良いや。どこまでも走り続ける事が快感なんだよなあ。

f:id:masaji0101:20190827122330j:image

今日の記録

距離 :10.00㎞
時間 :1:14:33

ペース:7:27(分/㎞)

シューズ:HOKA ONE ONE CHALLENGER4
(総走行距離 383.90㎞)

[映画]希望の灯り

下高井戸シネマで鑑賞。

2019年84本目の劇場鑑賞でした。

filmarks.com

あらすじ
大型スーパーマーケットで職を得た内気なクリスティアン。ある日、彼は職場でマリオンという女性と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。二人はお互いのことをだんだんと知っていくが、マリオンは既婚者だった……。クリスティアンを中心に、個々に問題を抱えながらも、日々を懸命に生きている従業員たちの姿に愛おしさを感じずにはいられない心温まる物語。

4月の公開時に観ようと思っていたのだが、スケジュールが合わず断念した作品。下高井戸シネマで上映してくれるのは本当に助かる。今日は、仕事をちょいと早めに上がって鑑賞した次第だ。

チラシの写真やあらすじ読んだ限りからは、大人の恋愛ストーリーを想像していたが、全然違った。ところは東西ドイツ統一後の旧東ドイツ。大型スーパーマーケットの倉庫担当を勤めることになった主人公クリスティアンの、スーパーマーケットでの日常と回りにいる人たちとの交流を描いた作品で、とにかく日常が淡々と静かに進んで行く。

今のドイツがどういう状況なのか知らないのだが、ドイツが抱える問題を描いて流社会派ドラマの様にも受け取れた。

全体的に映像がとても綺麗だと思った。夜のシーンが多いのだが、光の演出が好きな感じ。職場の先輩社員ブルーノの家でビール飲んでいて、時に道を通りすぎる車のライトが強烈に差し込んでくるシーン、主人公がバスを待ってるシーン、深夜バスに乗って帰宅するシーンが印象的だった。

 

 

作品情報

上映日 :2019年04月05日

製作国 :ドイツ

上映時間:125分

ジャンル:ドラマ