まさの徒然日記

好きな事なんでも...雑記です。ユルユルと更新して行きます。

[映画]ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

映画鑑賞記録 2018年45本目。

 

先日の火曜日、TOHOシネマズ日本橋で鑑賞しました。

eiga.com

 

本年度アカデミー賞でオールドマンが主演男優賞、彼のメイクを担当した辻一弘がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したのは記憶に新しいですね。

本当にメイクは素晴らしかった!全く違和感なかったです。

 

本作は、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの27日間を描いてます。

クリストファー・ノーラン監督作品の「ダンケルク」や、「英国王のスピーチ」などと話が繋がっているので、これら関連作品も共に鑑賞すると大いに楽しめるという、とても素敵な作品です。

 

とにかく、ゲイリー・オールドマンの演技が素晴らし過ぎます。

ナチスに追い詰められている英国の状況下や、難しい決断に到るまでの苦悩がとてもリアルに描かれていると感じました。

 

今年一番の傑作映画!

 

 

ちなみに、タイピスト役のリリー・ジェームズは、昨年の話題作「ベイビー・ドライバー」のヒロイン役で魅力を振りまいてました。

ちょい役なのかなぁ?なんて思ってましたが、彼女の視点でチャーチルの人となりが明らかになって行く構成になっていて、結構重要な役だったかと思います。

eiga.com

eiga.com

 

最後、関係なくなっちゃった...。

 

それでは。