まさの徒然日記

好きな事なんでも。ユルユルとやっております。

[読書]卍 - 谷崎潤一郎

Kindle谷崎潤一郎全集からの一編『卍』を読みました。 

『谷崎潤一郎作品集・25作品⇒1冊』【さし絵113枚つき】

『谷崎潤一郎作品集・25作品⇒1冊』【さし絵113枚つき】

 

 先日読んだ「痴人の愛」から続けて、代表作の一つという事で読んでみましたが、同性愛と不倫を軸にした、推理サスペンス小説って感じでした。

 

卍というタイトルから想像できるような、ドロドロの人間関係が描かれているのですが、サスペンス的な要素もあって面白かったです。登場人物達の言っている事が嘘か真か、読み進めて行くうちに誰もが嘘をついている気がして、真相が早く知りたいと夢中になりました。

 

登場人物の一人が事件を回想している形式で、関西弁の口語体で書かれているため非常に読み難かったです。何度も読み返しながらの読書だったので時間がかかりました。そこだけが難点だったかな。

 

現代でも、こう言うモチーフのストーリーってありそう。

 

それでは。