まさの徒然日記

好きな事なんでも。ユルユルとやっております。

[映画]ふたりの女王 メアリーとエリザベス

TOHOシネマズシャンテで鑑賞してきました。

eiga.com

予告編を見た感じだと、英国の王位継承を巡る女の戦い、みたいな内容だと想像していましたがちょっと違いました。

16歳でフランス王妃となりながら、フランス王フランソワ2世崩御により18歳で未亡人となったメアリーは、故郷のスコットランドに帰国。再び王位の座に就くが、当時のスコットランドではプロテスタント教徒の勢力が増しており、彼らは女性君主は神の意に反すると、女王メアリーの存在を快く思っていなかった。メアリーは家臣の陰謀や内乱などによって何度も王座を追われそうになり、厳しい運命に翻弄されていく。一方、イングランドを統治するエリザベスは、自分と違い美しく、結婚もして子どもを産んだメアリーに、複雑な思いを抱いていた。王位継承権をめぐりライバルもであるメアリーとエリザベスは、複雑な感情を抱きながらも互いに魅了されていき、男性社会の中で孤軍奮闘する女性として激動の時代を駆け抜けていく。(映画.com から引用) 

こんなあらすじ。

ライバル関係にありお互い相容れない関係にはあるのですが、女王としての孤独や苦悩は共通してるところもあり、通じるところもあるという事が描かれています。単純なバトルものでないところが良かった。

 

メアリー役には、シアーシャ・ローナン。相変わらず目力が凄い。意志が強く、凛とした強い女性を演じていて素敵でした。あのブルーアイズが良いんだよねぇ。

 

エリザベス役には、マーゴット・ロビー。白塗りのメイクにハーレ・クインを想像してしまいました...。しかし演技は素晴らしく、マーゴットさすが。

 

ふたりの女性が素晴らしく、周りの男達がどうも印象薄い。時代背景もあるので仕方ないとは思いますが、皆スタイルが似ていて、誰が誰だか分からなくなりました。まあ、本作では男達は添え物っぽい感じでしたので途中で気にしなくなりましたが。昔も今も、男の女性蔑視や、裏切り、嫉妬、権力に対する欲望...変わらないんですね。男は全く進歩していないのだと、痛烈に感じました。

 

それでは。