まさの徒然日記

好きな事なんでも。ユルユルとやっております。

[映画]存在のない子供たち

新宿武蔵野館にて鑑賞。

eiga.com

 

解説

長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることができずに生きる12歳の少年の目線を通し、中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ。中東の貧民窟で暮らす12歳のゼインは、貧しい両親が出生届を提出していないため、IDを持っていない。ある日、ゼインが仲良くしていた妹が、知り合いの年上の男性と強制的に結婚させられてしまい、それに反発したゼインは家を飛び出す。仕事を探そうとしたがIDを持っていないため職に就くことができない彼は、沿岸部のある町でエチオピア移民の女性と知り合い、彼女の赤ん坊を世話しながら一緒に暮らすことになる。しかしその後、再び家に戻ったゼインは、強制結婚させられた妹が亡くなったことを知り……。2018年・第71回カンヌ国際映画祭で審査員賞とエキュメニカル審査員賞を受賞。

2018年製作/125分/PG12/レバノン
原題:Capharnaum
配給:キノフィルムズ

eiga.comより引用

 

今回は手短に。

整理がつかないので上手く感想が書けそうにない。

125分が全く長く感じなかった。目を背けたくなる過酷な環境で生きる人々から目が離せなかった。誰が悪いとか、そんな単純な話ではない。しかし、12歳の少年の訴えはリアルで心に響く。この世界には地獄がある。