まさの徒然日記

好きな事なんでも。ユルユルとやっております。

[映画]ライオン・キング

新宿バルト9で鑑賞。

eiga.com

 

劇場は賑わっていたなあ。「ワンピース」と「ライオン・キング」の観客が多かったようだ。ライオン・キング劇団四季の公演を観た事があるのでストーリーは知っていた。アニメ版は観た事がない。今回の映画、ストーリーはオリジナルに忠実だったようだ。それに対する批判もチラホラ見かけるが、これはこれで良いんじゃないか?と思う。アニメ、ミュージカル、実写映画と、同じストーリーでも違う表現方法を楽しむっても悪くない。

 

今日は、ミュージカルバージョンを思い出しながらの鑑賞だった。

 

映像は本当に素晴らしかった。”超実写版”という触れ込みは誇張ではなく、フルCGのリアルな映像に驚いた。広大な自然の描写、動物たちのダイナミックな動きが素晴らしい。各キャラクターも個性的で良かった。ミュージカル版でも好きなキャラだった、イボイノシシのプンバァ、いやいやコミカルで良かった。笑えるシーンもあったし。

 

音楽がまた素晴らしい。

吹替版だとどうなってるのだろうか。やはり、日本人が日本語で歌っているのだろうか。劇団四季のミュージカルでは素晴らしい歌声が聴けて、日本語でも悪くない印象ではあったが。吹替版を観てみたい気もするが。。

エルトン・ジョンビヨンセの歌は最高だ。ビヨンセは声でも出演してたのね。エンドロールで気が付いた。シンバの幼馴染、ナラの声を演じている。ちょっと??と思うところもあったかな。

 

しかし、映像表現の進化に純粋に感動する。ここまでリアルに動物の世界を描けるなんて凄い事だ。そんな映像を観るだけでも価値があるのではないだろうか。

 

実は、そんなに期待していなかったのだが、面白かった。星5つ。