まさの徒然日記

好きな事なんでも。ユルユルとやっております。

[映画]火口のふたり

UPLINK 吉祥寺、2019年82本目の鑑賞でした。

filmarks.com

あらすじ
十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。 新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。 そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。 蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」 直子の婚約者が戻るまでの五日間。 身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は―。
filmarks.comより引用

最近観た邦画の中では一番面白かったかも。

登場人物は男女二人だけ。本能の赴くままに交わり、食事をし、会話をする。これの繰り返し。セックスシーンが多いけど、陰湿な感じや下品な感じはしなかった。純粋に身体の言い分に身を委ねるふたりが、とても清々しかった。エンディングもあれで良かったと思う。

 

邦画観てて最近思うのは、日本の役者さん達、もう少し体を鍛えたら良いのにって思うんだよね。体型がかっこ悪い人が多過ぎる。マッチョにならなくても良いので、均整の取れた体型になろうって思わないのかな?賢治役の柄本佑は、演技はとても素晴らしかたのだが、身体つきが貧弱だったのでちょっと気になってしまった。作品の出来とは関係ないか...。

 

作品情報

上映日 :2019年08月23日

製作国 :日本

上映時間:115分